携帯・デジカメ

石井めぐみさんの講演

今日、石井めぐみさんの講演に行って来ました。

知っている方もたくさんいると思いますが

10年位前にドキュメンタリー番組で

『ゆっぴいのばんそうこう』というのが放送されました。

ゆっぴいとは、石井さんの息子さんで

ゆうと君のことなのですが

重い脳障害を持って生まれてきた子供さんです。

テレビで一生懸命に

そして楽しそうに

ゆっぴいの子育てをしている

石井さんがとても印象的でした。

子育てといっても重度の障害を持ったお子さんですから

お世話、介護に見えるのですが、

非常に楽しそうにしていらっしゃって

当時まだ子供がいなかった私には

『とても出来ないな〜』という思いで見てたのを覚えています。

今回、その石井めぐみさんが講演に

来て下さると言うので楽しみにしていました。

ゆっぴいの出生の話から

どうしてゆっぴいが重い脳障害を追ってしまったのか…

その後の石井さんの子育ての話など、

とても書き切れませんが

たくさん為になる話を聞かせていただきました。

障害者本人やその家族にしか

わからない苦労など教えていただきました。

残念な事にゆっぴいは

1999年9月9日に亡くなってしまいましたが、

ゆっぴいに教えられたこと、

思い出を本当に優しい口調で話されていました。

亡くなる少し前、

ゆっぴいは重い障害を持ちながらも

大好きなお母さんを悲しませないように

お母さんの前では

痛い治療も泣くのを我慢していたそうです。

ゆっぴいが泣いちゃうと

お母さんも辛い思いさせてごめんね、と

涙がこぼれるから、

お母さんを泣かさないように我慢していたそうです。

石井さんが講演の最後に皆さんにお願いしたい事があると…

もし、街で困っているかも…と言う人がいたら

少し立ち止まってみて下さい。

こちらから声をかけるのは大変かもしれないけど、

困っている人の前に立ち止まって

顔を見たら困っている人が声をかけやすくなるからと。

人助けはなかなか難しいけど、

ほんの少しのきっかけで

助けてあげられる事があるかもしれません。

みなさんも心の隅にその気持ちを置いていて下さいね。

石井めぐみさんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)